注意投資情報

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 請求書をつきつけられることもある

請求書をつきつけられることもある

興信所と探偵事務所の違うところですが、格別違うところが無いと言ってもよろしいでしょう。

 

浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、似たような仕事をしています。

 

とはいっても、違いをあげるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。

 

食事をした際の請求書には飲食時の同席者の人数が書いてある事があるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。

 

加えて、支払いをクレジットカードでした時は月々チェックするようにします。

 

出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と宿泊したおそれがあります。

 

探偵社による浮気の追跡調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。

 

浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、ラッキーと思うでしょうが、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、調査期間が長引くことが予想される際は断るときもあるそうです。

 

また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることもあるので注意してください。

jcom繋がらない