注意投資情報

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 税率の低い長期譲渡所得の場合

税率の低い長期譲渡所得の場合

戸建てを売却するにあたっては、自分で買い手を見つけるのでなければ、依頼した不動産業者に手数料を払わなければいけません。

 

上限額が売買価格の3.24%プラス64800円ということが法律で決められているので、もし売買価格の予測が立っているのであれば支払う仲介手数料も大体の額を予想できます。

 

しかし、買い手が不動産業者自身ならば、仲介手数料は免除されます。

 

所有権移転登記時にも諸費用が発生しますが、基本的には買い手が支払います。

 

名前を見てもわかる通り、不動産物件は売るのが一苦労で、様々な費用も売却に際して発生してきます。

 

例を挙げるとすれば、仲介手数料を仲介業者に支払いますし、各種の不動産登記関連書類を作成してもらう司法書士への報酬、それに、譲渡税、住宅ローンを完済していない物件ならば繰り上げ返済費用もです。

 

仲介業者を選ぶ段階で、少しでも抑えた仲介手数料で依頼できれば、コスト削減に有効でしょう。

 

給与所得者には縁が薄いですが、確定申告というのは、年間所得を計算し税額を申告するものです。

 

予定納税をしている人や会社員で源泉徴収されている人については、差額を算出し、精算することになります。

 

給料のほかに申告する所得のひとつとして、住宅売却による収入等も申告する必要があります。

 

比較的税率の低い長期譲渡所得の場合でも、所得税に住民税を加えた税率は20%にもなるため、注意しなければいけません。

ディオーネ予約