教育

跡継息子は、わたし(山元工事)が山元印章の大将をリタイアしたあと、山元印章の大将になります。

わたし(山元工事)は、山元印章の大将になる跡継息子が山元印章の従業員にいばれるように教育します。

跡継息子に、山元印章の大将になる教育をしなくてはならないので、わたし(山元工事)は山元印章の大将らしくしなくてはならないのです。

山元印章の大将らしくするためには、鼻の穴に印鑑を突っこんで笑わせてたらダメなのです!

もとより、耳の穴やお尻の穴やへその穴に印鑑を突っこんで笑わせててもダメなのです!

はんこ安い

山元印章の大将になる跡継息子の教育をしなくてはならないのだから、わたし(山元工事)は前向きに山元印章の大将をしなくてはならないのです。

もし山元印章の大将であるわたし(山元工事)が、鼻の穴や耳の穴やお尻の穴やへその穴に印鑑を突っこんで笑わせている現場を跡継息子に見られでもしたら、跡継息子は山元印章の大将であるわたし(山元工事)の教育を聞かなくなると思っています。

それだけでなく跡継息子は、わたし(山元工事)が山元印章の大将をリタイアしたあと、山元印章の大将に就任する気がなくなるかもしれません。

よってわたし(山元工事)は、父親がリタイアして山元印章の大将になったら、前向きに山元印章の大将をしなくてはならないと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です